SONY DSC

ブリザーブドではありません!

ここ近年、手作り販売サイトにて、多くの販売されているアレンジメントやブーケなどを目にします。
が、正直、知識の無い方も販売されていらっしゃり、ビックリする事も。
本当に多い間違いとして「ブリザーブドフラワー」と明記される方。
ブリザーブドではありません!ブではありません、プリザーブドです。プです!
元は、Preserved保存されたという英語意からきています。
プリザーブドフラワーは日本に流通しはじめて20年くらいになろうとしています。
まだまだ間違いをされている方がいて、悲しいと供に、そういう間違いをしている方がプリザーブドフラワーの作品を販売されているのを拝見すると、もっと悲しくなってしまいます。

SONY DSC

*プリザーブドフラワーとは
生花や葉を特殊な液に入れて着色し、水分を抜いた素材です。
特殊な加工を施された花材は、枯れる事がなく水やりの必要もない事が大きな特徴です。
生花と変わらぬ様子や素材の、みずみずしい手触りを残しながらも水やりの必要がないので、
お見舞いのお花や観賞用、ブライダルシーンで重宝されています。
1991年にフランスのヴェルモント社が、フラワー界のカリスマ、クリスチャントルチェ氏に依頼されて作成した事がはじまりです。
日本では2000年頃からプリザーブドフラワーが人気となり、プリザーブドフラワーが普及してきました。
『永遠のお花」などと表記される事もありますが、残念ながら日本は湿度が多い為、
プリザーブドフラワーを保存するのには注意が必要です。
枯れる事はありませんが、色の劣化や色移りなどがあります。

プリザーブドにされる花材は、生花なら全部加工できるのかと思われている事が多いのですが、
残念ながら、生花の全てがプリザーブドフラワーに出来る訳ではありません。
ローズ、カーネーション、紫陽花がメインの花材となり、最近では小さな咲きのダリアやポンポンマムが出てきました。メーカーの努力により、更に多くの花材が加工出来る様に研究されています。

一時期、自分でプリザーブドフラワーが作れるという教室もありましたが、
現在、多くのプリザーブドフラワーはメーカーで既に加工作成された物を購入し、
レッスンやアレンジ、ブーケなどに使用しています。

どのくらい持ちますか?というお問い合わせが大変多い花材ですが、
こればかりは保管状態や色、メーカーにより異なる事もあります。
数ヶ月で色が変わってしまう事もあれば、何年も変わらない物もあったり。。。
17年プリザーブドと付き合ってきていますが、こればかりは残念ながら正しいお答えが出来ません。

生花より長く愛でる事ができ、ドライフラワーよりみずみずしい。
花材の種類は多くありませんが、色の美しさは飛び抜けています。
高級感のある特殊な花材としてお選び頂くのが良いのではないかと思います。

多くのお店や販売者がいますが、正しい知識を持った方から購入して下さいね!
Serendipity(セレンディピティ)は、花歴17年目、スクールを開校して8年目になります。
プリザーブドフラワーに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!

sdf_contactSerendipity(セレンディピティ)
info@serendipity-flower.com
03-6670-0978

フォトウェディング

国際結婚カップルの結婚式の悩みを解決

ここ数ヶ月、外国の方から日本でお式をしたいけれどどうしたら良いか?というお問い合わせが増えていると供に、
国際結婚カップルの方からのご相談も増えています。
フォトウェディング
わたしがウェディングプランナーの仕事をしようと思ったキッカケは、私とイギリス人の夫との結婚でした。
法律的な事の大変さやストレスもありますが、それ以上にイギリスと日本の「結婚式」という考え方の違いに、
それは頭が痛くなる程悩みました。
どの国籍の方と結婚される事になっても悩みやストレス(笑)は同じだと思います。
そんなカップルの方のお手伝いが出来たらと思いプランナーの仕事を始めたので、
国際結婚カップルの方からのお問い合わせはとても嬉しいのです。

我が家の場合、イギリス人夫の場合「日本の結婚式はつまらないし見せ物みたいで恥ずかしい」という大きな拒否反応があり、キリスト教徒ではないから教会での式は望まない、ましてや、日本のいわゆるチャペルでの式なんで問題外でした。
最終的に、形式的な挙式はせず、入籍をした日に自宅でパーティをし、イギリスで家族だけの披露宴パーティをしました。
ここに至るまで、文化の理解や理想、国際結婚ならではの手続きのストレス、結婚式のお金の問題など、
学ぶ事は多くありました。

最近のお問い合わせに多いのがやはり披露宴についてです。
日本の形式張った披露宴は外国人男性がパートナーの場合、拒否反応をしめす方が多いです。
お二人のお気持ちとしてはカジュアルなパーティにしたいけれど、
親御さまの希望は、「ちゃんとした形の披露宴」にして欲しい。。。
親御さまのイメージされる「ちゃんとした形の披露宴」とは、いわゆるホテルや専門式場での結婚式ですが、
国際結婚の場合、ご家族やお友達の旅費やホテル代をお二人が負担される事も多く、
ホテルや専門式場での挙式披露宴となると、ご予算的にどうしても負担が出てきます。
(一般的な全国平均結婚披露宴費用は359万円です)

平均価格に旅費やホテル代を加えて考えると、とてつもなく大きなお金が必要になります。
額面だけみると、「大金がないと結婚式は出来ない!」と思ってしまいますよね。
結婚式は大金がなくても行う事が出来ます!!!

お二人の願いや希望、そして親御さまの願いや希望。
丁寧にヒアリングしながら、ご予算にあった挙式・披露宴のお手伝いをさせて頂いています。
もちろん、英語対応可能です!

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

sdf_contact
Tel:03-6670-0978
Mail:info@serendipity-flower.com
LINE:@serendipityflower