簡単!籠リングピローの作り方

IMG_0588
先日、リングピローのワークショップを開催いたしました!
多くの花嫁さまがウェディングDIYに興味を持っていらして、お話をしながら、とても楽しい時間でした。

籠のリングピローは、小さなお子さんがリングベアラーとして持ってくれると、とても可愛いですし、写真にも映えるシーンになります。
すごく簡単に作成できるので、多くの花嫁さまのご参考になればと思い、作り方をまとめてみました♡

IMG_0589

*「用意する物」
・籠
・オアシス (籠の中にセットするスポンジ。100均で購入    可能ですが、手に入らなければ発泡スチロールでもok)
・グルーガン (熱を通して固形の糊を溶かし、花材などを貼り付ける道具。最近では100均でも購入可能ですが、手に入らなければ木工用ボンドでもok)
・モス(苔)ー適量
籠の大きさによって。表面が全体的に隠れる量
・紫陽花ー適量
  籠の大きさによって。淵の部分に全体的に置ける量。小分けにしておく
・かすみ草ーひと枝
ポイントになる量

*「作り方」

①資材や花材を用意。グルーガンは、コンセントを差し込んでから10分前後で熱くなるので、事前に準備。

②オアシスを籠に入るサイズにカットする。
その際、籠の淵から3㎝くらい下にセット出来る様にオアシスの大きさに気をつける。
→オアシスが高いと籠の横からオアシスが見えてしまう。

③オアシスを籠にセットする際には、オアシスにグルーをつけて固定。
→小さいお子さんが持つ場合には、特にしっかり固定しましょう。

④オアシスの表面を覆うように、モスを少しづつ置き、貼り付けていく。少しこんもりなるようにモスをセットさせると可愛いくなりオススメ。

⑤紫陽花を籠の淵に沿うようにあわせて、バランス良くグルーで貼り付けていく。パーツが小さいので火傷に注意!

⑥全体のバランスをみて、ポイントになる部分に、かすみ草をグルーで貼り付ける。

→今回はひと枝だけ使用していますが、全体に入れても可愛いです。

好みの場所にリングを置いて完成!!
→今回はピンをモスの中に挿し、リング置きにしていますが、ピンを挿さずに、そのままモスの上に置いても可愛いです♡

このように、とても簡単に作成できますので、
お好みの花材を使ったり、籠の持ち手にリボンを巻いたりアレンジして、自分好みのリングピロー作成に是非チャレンジしてみて下さいね!

自分で材料や花材を揃えるのは大変!という花嫁さまには、レッスンを随時お承りしておりますので、
お気軽にお問い合わせください!

こちらのデザインだけでなく、世界に一つだけの花材・デザインにこだわったリングピロー作成レッスンもお承りしています!

Serendipity Flower & Wedding
03-6670-0978
LINE @serendipityflower

Instagram/FB のダイレクトメールからもどうぞ!

26696939_10204270665922918_71101008_n

 

 

Recent Posts