教会での結婚式 東京

まだまだ不変の人気、教会での結婚式

挙式スタイルは大きく分けて3タイプあります。

教会式・神前(仏前式)・人前式

 

ここ数年、神前(仏前式)挙式を選ばれる方が増えてきていますが、

教会での結婚式も、まだまだ不変の人気です。
Serendipity(セレンディピティ)は披露宴だけでなく、挙式のサポートもしておりますので、

「教会式をしたいです!」とお客様からお伺いした場合、
かなり念入りにリサーチをします。
ホテルや専門式場で披露宴をされる方は、

施設内になる教会を使用する事がほとんどなのですが、

他の会場(レストランやギャラリーなど)で披露宴をされる場合、

敷地内に教会が無いケースがほとんどです。

 

教会と一言でいっても、実は「どんな教会?」と考える必要があります。

お客様にわかりやすくご理解頂くため、「本当の教会」と「コマーシャル教会」とお話しているのですが、

「本当の教会」とは、カトリック・クリスチャン共に、神父さまがいらっしゃる礼拝の場所です。

聖イグナチオ教会やサレジオ教会、東京カテドラル聖マリア教会、安藤記念教会などが有名な教会です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ご自身やお身内の方がご信者の場合には、通われている教会があると思いますので、教会でお式をあげる事に問題ないのですが、
信仰が今までになく、教会でもお式をご希望される場合には、

多くの教会で事前の信仰に関する勉強会が必要となっています。

多い教会で半年、6回など、期間や回数が定められています。

また、婚礼だけの施設ではありませんので、挙式をあげる日付けや時間が限られている事が多いです。特に日曜日は日曜礼拝がありますので婚礼は不可の場合が多いです。

「コマーシャル教会」とお話するのが、

普段、宗教的に使用される事がない信仰の場としての教会で、婚礼の為の教会といって過言ではありません。
ホテルや婚礼施設であげる教会式は、信仰の場ではありませんので、

神父さまが式を進められる事がありません。

「信仰の知識を持った方」が式を執り持ちます。

その多くが外国人となり、いわゆるバイト牧師といわれる方達です。

 

コマーシャル教会での挙式は、教会式の雰囲気を無宗教でも感じる事が可能です。無宗教の方が多い日本独特の挙式スタイルになります。

 

最近ご相談が多いのが、

ご出身の大学にチャペルがある場合、そちらで挙式をされる方が増えています。

卒業生の特権ともいうべき権利ですし、母校での挙式は感慨深く一層の記念になると思います。

教会での結婚式プランニングについて

Serendipity(セレンディピティ)では、挙式のみのサポートもお承りしております。

ご希望ございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ウェディングプランニングの詳細はこちら

ウェディングプラニングの費用について

よくある質問はこちら

Recent Posts